素人サブカル批評

草映画ライターとして映画評論。たまに他のサブカル評論。

映画バカ時報 2018.4.6.

お久しぶりです。 3月から多忙が続き、映画館に行ってる暇どころか、映画を観ている暇さえもなくなりそうになっております。 ところで、映画を観たり、本を読んだりという時間は、仕事についてあれこれ考え続けるよりも、創造的な時間だったりします。 意識…

映画バカ時報 2018.2.8.

最近、映画館に行ってないです。 もっぱらタブレットが僕の映画館になっております。 さて、そんなタブレットで見た最近の映画をご紹介。 その前にふと考えたんですが、映画批評を本ではなく、ネットでやっている自分の場合、懇切丁寧にあらすじというものを…

映画バカ時報 2018.1.6.

さてさて皆さん、あけましておめでとうございます。 年改まりまして、今年もバカ映画時報続けていきたいと思いますが、 当初は山口という映画好きにとっては網走番外地のような場所にぶち込まれた僕が東京では観なかったような映画を観て批評するという趣旨…

バカ映画時報 番外編①

ロードショーものを扱っていたバカ映画時報ですが、 さすがにロードショーばっかり観ているほど暇ではないので、 TV,DVD,amazonビデオ等々で日々観ている映画もメモっておこうと思います。 映画館って1800円かかるじゃん?いわゆるバカ映画は大好…

バカ映画時報第8弾

バックナンバー第8弾 『昼飯時にふと思い出した、僕の脳みそが見なかったことにしていた映画』評 そういえばこんな映画も見ていました。 『銀魂』/ 福田雄一まず最初に確認しておきたいことがある。僕は福田雄一が大嫌いだ。・刹那的な笑いのためのストーリ…

バカ映画時報第7弾

バックナンバー第7弾 『アウトレイジ・最終章』 / 北野武 アウトレイジ・シリーズの最後の1作。北野映画が好きで、やくざ映画もバイオレンス映画も好きな私は観に行った。ただ、期待していなかった。アウトレイジ>アウトレイジ・ビヨンドと哀しいかな、つ…

バカ映画時報第6弾

バックナンバー第6弾 『ダンケルク』 / クリストファー・ノーラン『メメント』『インセプション』『ダークナイト』シリーズ『インターステラー』と個人的には最高の映画を供給し続けてくれる現役の映画監督、クリストファー・ノーランの最新作。 ※これ以降…

バカ映画時報第5弾

バックナンバー第5弾 『デッドプール』なんか俄かに話題になっていたアメコミ映画を観てみた。アメコミ映画をひたすらパロってディスってを繰り返すなんの生産性もないおバカ映画。スローモーションの使い方とか、なんかだいぶ古臭い気もするのだけど、内容…

バカ映画時報第4弾

バックナンバー第4弾 『アイアムアヒーロー』なんか、好意的な論評の多い、漫画原作の実写映画見てみました。基本的にはゾンビパニックものなのだけど、パニック感があんまりない。ショットガンで10秒に1回吹き飛ぶ脳髄は一見の価値あると思うのだが、リズ…

バカ映画時報第3弾

バックナンバー第3弾 『007 スペクター』久々に聞いたよスペクター。往年の名悪役軍団だよ。つまるところ、ポケモンのロケット団であり、仮面ライダーのショッカーだよ。でもね、ここで大問題。ストーリーほぼ覚えてないの。たぶん、ボンド人を殺す→セック…

バカ映画時報第2弾

facebookバックナンバー第2弾 『TED2』前作が大きな話題になった『TED』の第2弾。前作よりもやや先鋭化したブラックジョークと下ネタは良い。クソふざけた世界の中に社会性とか、同時期公開の某恐竜映画の1作目のパロディをぶっこんだりとやりたい放題。で…

バカ映画時報第1弾

今は懐かし、2年前、facebookで始めた勝手に映画評コーナー その第1弾。バックナンバー。 『バケモノの子』細田守らしい家族の物語と夢のある世界観は良い。宮崎駿と押井守の合いの子(失礼)のようなアニメ作りをしてくる感じ。ただ一方で問題は登場人物が…

ふっかーつ

このブログの存在をすっかり忘れていた。 いろんなところに草映画ライターとして、素人映画評を書いているのだが、 −facebookにぼけっと書くこともあれば、友達が出してるミニコミ的な本に破格のお値段で(ビールジョッキ2杯弱かな)出すこともある− なんな…

第3回『時計仕掛けのオレンジ』~ある作家の復讐~

今回取り上げるのはスタンリー・キューブリックの名作『時計仕掛けのオレンジ』。 映画公開は1971年ですが、原作は1962年出版の同名小説です。作者はアンソニー・バージェス。 舞台は近未来(当時から見て)のロンドン。アレックスは仲間4人と不良グループ、…

第2回『イージー☆ライダー』と『ロッキー』(後編)

意外と好評だったので、昨日に引き続き第2回。とりあえず、1稿完成させます。 前回は『イージー☆ライダー』を評論しました(第1回参照)。 今回は『ロッキー』の評論から始めます。 誰もが知っている『ロッキー』。とりあえず、ストーリーのおさらい。 シル…

第1回『イージー☆ライダー』と『ロッキー』(前編)

映画論の記念すべき初回。 みなさんは『イージー☆ライダー』と『ロッキー』という映画をご存じでしょうか。 どちらの作品もアメリカ映画史に残る名作なので、きっと観たことはなくても名前は知ってるでしょう。 まず、『イージー☆ライダー』。アメリカン・ニ…